1月のgallery TOWEDは展覧会の開催をお休みし、3週に渡り計3回のイベントを開催致します。為になる話が聞けるイベントやお子様も楽しめるワークショップなども企画しておりますので、皆様ぜひお越しくださいませ!
2020年もgallery TOWEDをよろしくお願い致します!
『ギャラリーで教える身体介護の話』 講師:内田百合香
【講義内容】
実演:ベット上での着替え、ベット→車椅子への移行(自立バージョン/四肢不自由バージョン/ALSバージョン)、オムツの当て方、便の取り方
座学:認知症介護の対応、障害者介護の対応
【開催日時】2020年1月11日(土) 14:00- 16:00 
【参加費】500円 
※予約不要


 『鑑賞研究会』第1回 ゲスト講師:山田はじめ
「いい絵ってなんだろう?ーータイプ別で考える絵画の特徴」
【イベント詳細】
『鑑賞研究会』は鑑賞のあり方、またその可能性を探るための勉強会として今後不定期で様々なゲストをお呼びし開催を予定しています。第一回は、現代絵画の体系的な解釈方法を絵画工学(仮)として考案し展開している画家・山田はじめ氏を講師としてお呼びし、ご自身の考える作品の分析方法や独自の鑑賞論についてお話をお聞きします。
※講義の後、発表内容について来場者たちと自由に話し合うディスカッションタイムを予定しています。
タイムスケジュール
 ・16:00-18:00 講義
 ・18:00-18:10 休憩
 ・18:10-19:00 ディスカッション
【開催日時】2020年1月18日(土) 16:00-19:00 
【参加費】1,000円 
※予約不要

【ゲスト講師】
山田 はじめ Hajime Yamada
20歳頃より独学で絵画制作を開始。鑑賞者がどんなものに価値や美しさを感じてアートだと認識するのか、制作や作品分析を通して探究している。
主な展示:
2013: 7th ARTE LAGUNA PRIZE ファイナリストエキシビション(25歳以下部門) @ Romanian Institute (イタリア・ベネチア)
2014: "FINALISTES FID PRIZE 2014" @ Catherine Putman(フランス・パリ)
2016: "かがわ・山なみ芸術祭 2016" @綾川町エリア(香川)
2016: “BARRACKOUT” @ 旧松田邸(東京・江東区)
2017: “一枚の絵の力” @ BLOCKHOUSE(東京・原宿)
2017: “ground under” @ SEZON ART GALLERY(東京・原宿)
2018: “Multi shutter / マルチシャッター” @ EUKARYOTE(東京・原宿)
リンク
絵画工学note(まとめ中):https://t.co/Z60QR1Qukx?amp=1
作品分析ノート:https://yamadahajime.tumblr.com/


 わからないを考えるvol.2 『新春!目隠しねんど大会』講師:村松佑樹
【イベント詳細】
見たものをソックリに描くこと、作ることが目的ではなく、発見や自分なりの考えを持つ 事が重要だと考えます。
ものを知ることは、見ること、触れること、考えること。 分からなければ、それだけ?が多くなる。そうすると自然と考える。 分からないもの(こと)に向き合って、楽しんでもらうためのワークショップです。 第2弾は手の感触だけを頼りに、ねんどで形を作ります。
【開催日時】2020年1月26日(日) 13:00-16:00 (予約不要)
【参加費】500円 
※予約不要

【制作の流れ】
1:目隠しスタート
2:モチーフ配布(もしくは設置) 
3:発見を声に出してみる(耳を傾ける) 
4:制作スタート(発見をもとにそのものを作る) 

5:制作終了、自己紹介とプレゼン(どこに注目したか、など)
6:目隠しをとる
Back to Top